生活費のお金がない時の対処法

 

生活費のお金がないとなると、程度にもよりますが緊急避難として親が近くに住んでいれば一緒に住んでみてはどうでしょうか?

 

ただ、精神衛生上として良くなければ、1年くらいをメドにしてお金を貯めるという方法があります。家賃や食費が浮きますし、電気代もかからないでしょう。すぐに融資を受ける手もありますがお金を貯める方法を一緒に考えてみましょう。

 

生活費で1番お金がかかるのが、家賃であったり家やマンションのローンですよね。

 

昔は、月収の3分の1と言われていました。

 

手取り30万円の月収であれば、月10万円が住宅にかけるお金です。

 

残りの20万円で昔なら生活できたのかもしれませんが、現在では難しいですよね?

 

ですので、住宅は月収の3分の1程度と言うのは、もう既に時代遅れであると言えるでしょう。

 

勿論、1人暮らしであれば十分にやっていけると思います。

 

例えば4人家族なら?

 

高校生などの、教育費がかかる子供がいる家族なら?

 

結局、月収30万円で10万円くらいの家に住むためには、夫だけの収入では生活費が足りないですよね?

 

矛盾しているようですが、今でも月収の3分の1程度を住宅にかけているのです。

 

そして生活費が足りなくなり、妻が働きに出る。

 

生活費が足りない方は、もっと働くか、住宅にかけるお金をダウンさせるのが手っ取り早い方法です。

 

早急に融資を受ける必要がある方はこちらの無利息で借りれるプロミスがおすすめ。